ウイナーズネット:関係者情報と指数の競馬

ウイナーズネット独自の指数から出走各馬の『勝率』と『適正オッズ』を算出し、適正オッズよりも高配当の馬券を購入し続けることで年間回収率200%超えを目指します。

2010年07月

8月1日



-----------------------------------------
日曜日注目情報馬

■函館5レース

5サクラエンブレム

前走は2〜3番手の競馬となりましたが、道中では外から来られる厳しい展開でずっとハミを噛んだままの競馬で3着に敗れた同馬。
「前走はジョッキーのミス。馬の力を出し切ってくれればすぐに勝てますよ。」との事。
ここ3戦は川田騎手が乗りましたが、前走の敗因は前述の通りで、2走前は外枠から脚を使ってしまい、粘れずに2着。
3走前は直線で前が詰まってしまい4着。

「追って渋太いタイプだから、今回はジョッキー(ホワイト騎手)にしっかり指示をしていましたよ。」との事。

前走は掲示板に載った同馬以外の4頭が後方から追い込んだ馬でした。
展開不向きでも3着となっており、先行有利な平坦小回りコースの今回は鞍上強化で中心となります。

3リヴィエラ
人気必至の同馬ですが、「洋芝が合わないみたいだからね。ここを使った後はちょっと考えます・・・」とトーンは低めです。

-----------------------------------------
土曜日無料公開レース結果
■小倉8レース

10デュークワンダー
前走は休養明けで、レース前から担当助手さんが「ここは叩き台。この次の1000mが勝負ですよ。」と話していた1頭。
余裕残しの馬体でしたが、能力だけで4着となりました。
1000万クラスでは出遅れが響いて12着となりましたが、スタートさえ決まれば1000万クラスでも勝ち負け出来る時計を持っているだけに、発馬さえ決まれば大楽勝となりそうです。

14,6,13,3,14,1,12,4と交互に好走するムラ駆けタイプですが、今回は得意の距離で叩き2戦目となります。

中心はこの馬となります。

■結果
3着 10デュークワンダー

ゲート内で駐立が悪いままスタートを切られてしまい、2馬身の出遅れとなり3着に敗れました。

-----------------------------------------
■小倉10レース
1リッカロイヤル(会員様専用情報馬)
前走は馬場にノメってしまい4着に敗れた同馬。
「前回は放牧明けの割に出来が凄く良かったんですが、大トビなので馬場が堪えましたね・・・。ただ、後ろの馬には抜かされなかったし、平坦コースも味方して今回は上積みも相当見込めますよ。」との事。

鉄砲駆けしない同馬ですが、叩き2戦目の戦績は
6→1着
12→2着
10→4着
となっており、明らかな叩き良化型です。
休み明けの前走が4着なだけに、今回は取りこぼしの可能性は低い1戦となります。

小倉コースは過去1戦のみですが、『12→2着』の昨年の休み明け2戦目でした。

■結果
1着 1リッカロイヤル
2着 4ロザリオ
3着 10サバース


6人気の情報馬が勝ち切るも、3着馬10サバースが2着にクビ差及ばずに1−3着で不的中となりました。
馬連5点指示で1−10は39.9倍だっただけに悔やまれる1戦となりました。

-----------------------------------------
レース当日情報のレース名のヒントはコチラで公開中です。

-----------------------------------------
■有料情報のお申し込みはコチラです。
---------------------------------
NHKマイル結果
印通りの完全的中!

1着 ◎13ダノンシャンティ(1人気)
2着 特注穴馬1ダイワバーバリアン(5人気)
3着 ○3リルダヴァル(3人気)
4着 ▲4サンライズプリンス(2人気)
5着 △10キョウエイアシュラ(13人気)

単勝 260円的中!
馬連 本線3点指示にて2040円的中!
3連単 17180円的中!

◎13ダノンシャンティ  [安藤勝己・松田国英]
毎日杯はしっかりと折り合い、ケタ違いの末脚で差し切った同馬。
前走の毎日杯では、2着以下の馬とは明らかに次元が違う走りをみせていましたが、「ラストはまだ余裕がありました。ここを勝ってダービーを盛り上げたい」と陣営は既に勝利を見越していました。
安藤勝騎手は「キングカメハメハの時よりも自信があるかも。」と絶対的な自信を持ています。
「これは1番人気かな・・・。まぁ2倍ついたら美味しいでしょうね。このレースが終わったら、他馬との圧倒的な力関係が分かる勝ち方をしてくれると思います」と、かなり強気です。
5月5日 栗東 坂路(良) 安藤勝騎手 53.6-39.3-25.2-12.1 末強めに追う
貫禄たっぷりで、常に併走馬を圧倒する動きを見せている。
追われてからの伸びも素晴らしく、最後まで余裕タップリ。ちょっとモノが違う印象。
(会員様専用情報掲示板・メルマガにて◎は公開させていただきました。)


特注穴馬1ダイワバーバリアン(5人気)
平日情報で告知していた特注穴馬。
NHKマイル唯一の『特注穴馬』として公開させていただきました。


○3リルダヴァル  [福永祐一・池江泰郎]
骨折明けの2戦は、脚元を気遣い、終い重点の調整となっていましたが、この中間は攻めを強化。
「状態は戻っています。やっと仕上げられましたよ。」これまでの仕上がりとは雲泥の差を強調していました。
「東京は合います。パンパンの良馬場が条件ですけど、皐月賞とは全く別馬と考えていいでしょう。」との事。
5月5日 栗東 CW(良) 福永騎手 78.9-63.8-50.2-37.5-11.9 馬なり余力
状態は文句無し。完全復調と見て良い。
右手前ながらも馬なりで相手を突き放し、切れ味は東京向き。
これはかなり良さそう。


◎強力情報馬から本線3点で簡単に取れたレースとなりました。

単勝



馬連



3連単

-------------------------------------------

■有料情報のお申し込みはコチラです。
-------------------------------------------
■皐月賞結果(会員様専用情報内容)

情報注目馬
◎16ヒルノダムール (6人気)→2着
馬券圏外だったのは3走前のラジオNIKKEI杯2歳Sのみで、安定した戦績の同馬。
「この中間は今まで以上に負荷をかけてきたし、体もひと回り大きくなってパワーアップしています。」とのこと。
「この中間は更に良くなっているし、デカイ所を狙えるだけの馬だと思っています。」とのこと。

「前走はこの馬の力じゃないですし、必ず巻き返します。」と強気の陣営。
前走は、4コーナーで何度も接触してしまい、勝ち馬に被せられて狭くなる不利があって2着。
「レースの間隔も開いていたし、普通の馬ならあそこからズルズル下がっているところですよ。ラジオN2歳の時もゲートの中でうるさくて悪い態勢のままゲートが開いてしまったからね。まともならヴィクトワールピサに勝ててたはず」とのことで、かなり強気。

皐月賞で連対した馬は若葉Sで負けた馬が多く、若葉Sで勝てなかった同馬にとっては良いデータ。
ノーリーズンは同レース7着から皐月賞を制しており、シックスセンスは同レース4着から皐月賞では2着。
余力を残しておくことが、皐月賞好走の条件のため、ローテーション的には巻き返しの可能性は十分。



過去10年の傾向から
◎ヴィクトワールピサ(1人気)→1着

連対馬の脚質は、逃げ、先行、差し、追い込みと、全ての脚質から連対馬が出ており、連対数では差し馬がトップも、連対率でいうと、前で競馬をする馬の方が高い。
中心は中団よりも前で競馬ができる馬。

過去10年の連対馬は、関東馬6頭、関西馬14頭。
連対数、連対率共に関西馬が関東馬を圧倒しており、関西馬が中心。

連対馬20頭中19頭が皐月賞のトライアルレースと使っている。
データ的にはスプリングSまたは弥生賞で3着以内に入っている馬が有力。

デビュー2戦目から徹底して2000m戦を使われ、現在4連勝中の同馬。
「これまで不利を受けた初戦以外は完璧なレースでした。ジョッキーが本番を見据えて色々な課題を与える中での4連勝だから価値があります。前回で馬込みから抜け出す課題がクリアできたし、重馬場を経験できたのも大きいです。もう何も心配はありません。」と陣営も自信満々。
角居厩舎特有のG1仕上げ。



穴馬指定
11エイシンフラッシュ(11人気)→3着
「状態面に関しては不安は全くありませんよ。」とのこと。
同じ舞台を勝っている点はプラスで、今の馬場状態も苦にしない点もプラス。
「他馬を見ながら競馬が出来るのが強みですね。現時点で完成度が高いから心配するところははありません。」とかなりの手ごたえ。

京成杯からのローテーションは過去に2頭のみ。これはどちらも結果は出ていない。
熱発で若葉Sを回避せざるを得なかったのは誤算で、ローテーション的には厳しい。
ただ、京成杯でハナ差2着に負かしたアドマイヤテンクウは、次走の弥生賞で返し馬の時点でハミを取っておらず、悪い馬場に嫌気をさして別馬のように走らず11着に惨敗しており、モノサシにはできません。

エイシンフラッシュと互角の競馬をしたアドマイヤテンクウは、昨年暮れのラジオNIKKEI杯でヴィクトワールピサにコンマ2秒差の5着。これはスタートで1馬身出遅れてのもので、まともなら差の無いタイムが予想される。


馬連本線
16−1,13,5指定で2点目1260円的中!

3連単では3着に唯一の穴馬指定として候補に挙げた11エイシンフラッシュが入り、35220円的中となりました。

パドックでの様子を見てからの購入指示とさせていただきました。


皐月賞




■皐月賞は有料メールマガジンでも
有料会員様と同じ皐月賞の全情報を公開しての的中となりました。

メルマガ読者様には、G1レースでは各馬の情報提供のみを行っておりましたが、先週にメルマガ会員様にお伝えしていた通り、皐月賞は買い目を公開しての35220円的中となりました。

コチラから『ウイナーズネット』でメルマガを検索されて下さい。


-------------------------------------------

■桜花賞結果
平日情報の時点では、関西馬の情報馬8オウケンサクラを中心と考えていましたが、レース当日情報より、9アパパネを中心として会員様に情報を公開させていただきました。


『情報注目馬
8オウケンサクラ
9アパパネ

上記2頭が中心の候補となっていましたが、本日の馬場状態、当日情報により9アパパネを中心とします。』と公開し、レースの中心に挙げた情報馬2頭のワンツー決着となりました。


8オウケンサクラ 
次走移行に繋がる情報のため、公開は控えさせていただきます。

9アパパネ 
前走のチューリップ賞では目標にされ、ショウリュウムーンに足元をすくわれる形になってしまった同馬。
「前半は落ち着いた流れになって行きたがる面を見せていましたが、その後はスムーズ。まだちょっと重かったし、トライアルとしては内容は悪くなかったと思います。馬場も悪かったし悲観はしていません」との事。

〜中略〜

栗東へと追い切りに駆けつけた蛯名騎手も
「不利さえなければ勝てる馬。後はスムーズに競馬ができれば。」と強気だった情報を公開しての的中となりました。

■結果
1着 9アパパネ
2着 8オウケンサクラ

馬連8−9 1440円的中

桜花賞


-------------------------------------------
■有料情報のお申し込みはコチラです。
-----------------------------------------------
■有料メールマガジン発行のお知らせ
毎週レース当日配信、不定期で平日情報配信となります。

コチラから『ウイナーズネット』でメルマガを検索されて下さい。

7月31日



-----------------------------------------
■小倉8レース

10デュークワンダー
前走は休養明けで、レース前から担当助手さんが「ここは叩き台。この次の1000mが勝負ですよ。」と話していた1頭。
余裕残しの馬体でしたが、能力だけで4着となりました。
1000万クラスでは出遅れが響いて12着となりましたが、スタートさえ決まれば1000万クラスでも勝ち負け出来る時計を持っているだけに、発馬さえ決まれば大楽勝となりそうです。

14,6,13,3,14,1,12,4と交互に好走するムラ駆けタイプですが、今回は得意の距離で叩き2戦目となります。

中心はこの馬となります。

相手候補は2,12,7,9

買い目は会員様専用情報にて公開中です。

-----------------------------------------
レース当日情報のレース名のヒントはコチラで公開中です。

-----------------------------------------
■有料情報のお申し込みはコチラです。
---------------------------------
NHKマイル結果
印通りの完全的中!

1着 ◎13ダノンシャンティ(1人気)
2着 特注穴馬1ダイワバーバリアン(5人気)
3着 ○3リルダヴァル(3人気)
4着 ▲4サンライズプリンス(2人気)
5着 △10キョウエイアシュラ(13人気)

単勝 260円的中!
馬連 本線3点指示にて2040円的中!
3連単 17180円的中!

◎13ダノンシャンティ  [安藤勝己・松田国英]
毎日杯はしっかりと折り合い、ケタ違いの末脚で差し切った同馬。
前走の毎日杯では、2着以下の馬とは明らかに次元が違う走りをみせていましたが、「ラストはまだ余裕がありました。ここを勝ってダービーを盛り上げたい」と陣営は既に勝利を見越していました。
安藤勝騎手は「キングカメハメハの時よりも自信があるかも。」と絶対的な自信を持ています。
「これは1番人気かな・・・。まぁ2倍ついたら美味しいでしょうね。このレースが終わったら、他馬との圧倒的な力関係が分かる勝ち方をしてくれると思います」と、かなり強気です。
5月5日 栗東 坂路(良) 安藤勝騎手 53.6-39.3-25.2-12.1 末強めに追う
貫禄たっぷりで、常に併走馬を圧倒する動きを見せている。
追われてからの伸びも素晴らしく、最後まで余裕タップリ。ちょっとモノが違う印象。
(会員様専用情報掲示板・メルマガにて◎は公開させていただきました。)


特注穴馬1ダイワバーバリアン(5人気)
平日情報で告知していた特注穴馬。
NHKマイル唯一の『特注穴馬』として公開させていただきました。


○3リルダヴァル  [福永祐一・池江泰郎]
骨折明けの2戦は、脚元を気遣い、終い重点の調整となっていましたが、この中間は攻めを強化。
「状態は戻っています。やっと仕上げられましたよ。」これまでの仕上がりとは雲泥の差を強調していました。
「東京は合います。パンパンの良馬場が条件ですけど、皐月賞とは全く別馬と考えていいでしょう。」との事。
5月5日 栗東 CW(良) 福永騎手 78.9-63.8-50.2-37.5-11.9 馬なり余力
状態は文句無し。完全復調と見て良い。
右手前ながらも馬なりで相手を突き放し、切れ味は東京向き。
これはかなり良さそう。


◎強力情報馬から本線3点で簡単に取れたレースとなりました。

単勝



馬連



3連単

-------------------------------------------

■有料情報のお申し込みはコチラです。
-------------------------------------------
■皐月賞結果(会員様専用情報内容)

情報注目馬
◎16ヒルノダムール (6人気)→2着
馬券圏外だったのは3走前のラジオNIKKEI杯2歳Sのみで、安定した戦績の同馬。
「この中間は今まで以上に負荷をかけてきたし、体もひと回り大きくなってパワーアップしています。」とのこと。
「この中間は更に良くなっているし、デカイ所を狙えるだけの馬だと思っています。」とのこと。

「前走はこの馬の力じゃないですし、必ず巻き返します。」と強気の陣営。
前走は、4コーナーで何度も接触してしまい、勝ち馬に被せられて狭くなる不利があって2着。
「レースの間隔も開いていたし、普通の馬ならあそこからズルズル下がっているところですよ。ラジオN2歳の時もゲートの中でうるさくて悪い態勢のままゲートが開いてしまったからね。まともならヴィクトワールピサに勝ててたはず」とのことで、かなり強気。

皐月賞で連対した馬は若葉Sで負けた馬が多く、若葉Sで勝てなかった同馬にとっては良いデータ。
ノーリーズンは同レース7着から皐月賞を制しており、シックスセンスは同レース4着から皐月賞では2着。
余力を残しておくことが、皐月賞好走の条件のため、ローテーション的には巻き返しの可能性は十分。



過去10年の傾向から
◎ヴィクトワールピサ(1人気)→1着

連対馬の脚質は、逃げ、先行、差し、追い込みと、全ての脚質から連対馬が出ており、連対数では差し馬がトップも、連対率でいうと、前で競馬をする馬の方が高い。
中心は中団よりも前で競馬ができる馬。

過去10年の連対馬は、関東馬6頭、関西馬14頭。
連対数、連対率共に関西馬が関東馬を圧倒しており、関西馬が中心。

連対馬20頭中19頭が皐月賞のトライアルレースと使っている。
データ的にはスプリングSまたは弥生賞で3着以内に入っている馬が有力。

デビュー2戦目から徹底して2000m戦を使われ、現在4連勝中の同馬。
「これまで不利を受けた初戦以外は完璧なレースでした。ジョッキーが本番を見据えて色々な課題を与える中での4連勝だから価値があります。前回で馬込みから抜け出す課題がクリアできたし、重馬場を経験できたのも大きいです。もう何も心配はありません。」と陣営も自信満々。
角居厩舎特有のG1仕上げ。



穴馬指定
11エイシンフラッシュ(11人気)→3着
「状態面に関しては不安は全くありませんよ。」とのこと。
同じ舞台を勝っている点はプラスで、今の馬場状態も苦にしない点もプラス。
「他馬を見ながら競馬が出来るのが強みですね。現時点で完成度が高いから心配するところははありません。」とかなりの手ごたえ。

京成杯からのローテーションは過去に2頭のみ。これはどちらも結果は出ていない。
熱発で若葉Sを回避せざるを得なかったのは誤算で、ローテーション的には厳しい。
ただ、京成杯でハナ差2着に負かしたアドマイヤテンクウは、次走の弥生賞で返し馬の時点でハミを取っておらず、悪い馬場に嫌気をさして別馬のように走らず11着に惨敗しており、モノサシにはできません。

エイシンフラッシュと互角の競馬をしたアドマイヤテンクウは、昨年暮れのラジオNIKKEI杯でヴィクトワールピサにコンマ2秒差の5着。これはスタートで1馬身出遅れてのもので、まともなら差の無いタイムが予想される。


馬連本線
16−1,13,5指定で2点目1260円的中!

3連単では3着に唯一の穴馬指定として候補に挙げた11エイシンフラッシュが入り、35220円的中となりました。

パドックでの様子を見てからの購入指示とさせていただきました。


皐月賞




■皐月賞は有料メールマガジンでも
有料会員様と同じ皐月賞の全情報を公開しての的中となりました。

メルマガ読者様には、G1レースでは各馬の情報提供のみを行っておりましたが、先週にメルマガ会員様にお伝えしていた通り、皐月賞は買い目を公開しての35220円的中となりました。

コチラから『ウイナーズネット』でメルマガを検索されて下さい。


-------------------------------------------

■桜花賞結果
平日情報の時点では、関西馬の情報馬8オウケンサクラを中心と考えていましたが、レース当日情報より、9アパパネを中心として会員様に情報を公開させていただきました。


『情報注目馬
8オウケンサクラ
9アパパネ

上記2頭が中心の候補となっていましたが、本日の馬場状態、当日情報により9アパパネを中心とします。』と公開し、レースの中心に挙げた情報馬2頭のワンツー決着となりました。


8オウケンサクラ 
次走移行に繋がる情報のため、公開は控えさせていただきます。

9アパパネ 
前走のチューリップ賞では目標にされ、ショウリュウムーンに足元をすくわれる形になってしまった同馬。
「前半は落ち着いた流れになって行きたがる面を見せていましたが、その後はスムーズ。まだちょっと重かったし、トライアルとしては内容は悪くなかったと思います。馬場も悪かったし悲観はしていません」との事。

〜中略〜

栗東へと追い切りに駆けつけた蛯名騎手も
「不利さえなければ勝てる馬。後はスムーズに競馬ができれば。」と強気だった情報を公開しての的中となりました。

■結果
1着 9アパパネ
2着 8オウケンサクラ

馬連8−9 1440円的中

桜花賞


-------------------------------------------
■有料情報のお申し込みはコチラです。
-----------------------------------------------
■有料メールマガジン発行のお知らせ
毎週レース当日配信、不定期で平日情報配信となります。

コチラから『ウイナーズネット』でメルマガを検索されて下さい。

今週の注目馬



-----------------------------------------
今週は2週前から会員様に告知していた強力情報馬が出走!
先週のメンバーを見て、確勝を期して今週日曜日へスライドとなりました。

さらに日曜日には、危険な人気馬も出走予定となります。人気必死の危険馬を外した馬券で高配当を狙います。



■7月31日
●レース

●●●●●●●●

●●だった前走は、勝負どころでモタついてしまい、動けないところに入ってしまい後手を踏んでしまった同馬。

「前走は●●●で手応えが悪かったですね。4コーナーで狭くなってしまって、行くところが無くなってしまったのに最後は伸びてくれましたから、●●●ならアッサリ勝てる力はありますよ。今回はかなり上積みが見込めますし、●●も問題ありませんでしたからもう負けられませんね」とのこと。


会員様専用情報にて公開予定です。
-----------------------------------------
レース当日情報のレース名のヒントはコチラで公開中です。

-----------------------------------------
■有料情報のお申し込みはコチラです。
---------------------------------
NHKマイル結果
印通りの完全的中!

1着 ◎13ダノンシャンティ(1人気)
2着 特注穴馬1ダイワバーバリアン(5人気)
3着 ○3リルダヴァル(3人気)
4着 ▲4サンライズプリンス(2人気)
5着 △10キョウエイアシュラ(13人気)

単勝 260円的中!
馬連 本線3点指示にて2040円的中!
3連単 17180円的中!

◎13ダノンシャンティ  [安藤勝己・松田国英]
毎日杯はしっかりと折り合い、ケタ違いの末脚で差し切った同馬。
前走の毎日杯では、2着以下の馬とは明らかに次元が違う走りをみせていましたが、「ラストはまだ余裕がありました。ここを勝ってダービーを盛り上げたい」と陣営は既に勝利を見越していました。
安藤勝騎手は「キングカメハメハの時よりも自信があるかも。」と絶対的な自信を持ています。
「これは1番人気かな・・・。まぁ2倍ついたら美味しいでしょうね。このレースが終わったら、他馬との圧倒的な力関係が分かる勝ち方をしてくれると思います」と、かなり強気です。
5月5日 栗東 坂路(良) 安藤勝騎手 53.6-39.3-25.2-12.1 末強めに追う
貫禄たっぷりで、常に併走馬を圧倒する動きを見せている。
追われてからの伸びも素晴らしく、最後まで余裕タップリ。ちょっとモノが違う印象。
(会員様専用情報掲示板・メルマガにて◎は公開させていただきました。)


特注穴馬1ダイワバーバリアン(5人気)
平日情報で告知していた特注穴馬。
NHKマイル唯一の『特注穴馬』として公開させていただきました。


○3リルダヴァル  [福永祐一・池江泰郎]
骨折明けの2戦は、脚元を気遣い、終い重点の調整となっていましたが、この中間は攻めを強化。
「状態は戻っています。やっと仕上げられましたよ。」これまでの仕上がりとは雲泥の差を強調していました。
「東京は合います。パンパンの良馬場が条件ですけど、皐月賞とは全く別馬と考えていいでしょう。」との事。
5月5日 栗東 CW(良) 福永騎手 78.9-63.8-50.2-37.5-11.9 馬なり余力
状態は文句無し。完全復調と見て良い。
右手前ながらも馬なりで相手を突き放し、切れ味は東京向き。
これはかなり良さそう。


◎強力情報馬から本線3点で簡単に取れたレースとなりました。

単勝



馬連



3連単

-------------------------------------------

■有料情報のお申し込みはコチラです。
-------------------------------------------
■皐月賞結果(会員様専用情報内容)

情報注目馬
◎16ヒルノダムール (6人気)→2着
馬券圏外だったのは3走前のラジオNIKKEI杯2歳Sのみで、安定した戦績の同馬。
「この中間は今まで以上に負荷をかけてきたし、体もひと回り大きくなってパワーアップしています。」とのこと。
「この中間は更に良くなっているし、デカイ所を狙えるだけの馬だと思っています。」とのこと。

「前走はこの馬の力じゃないですし、必ず巻き返します。」と強気の陣営。
前走は、4コーナーで何度も接触してしまい、勝ち馬に被せられて狭くなる不利があって2着。
「レースの間隔も開いていたし、普通の馬ならあそこからズルズル下がっているところですよ。ラジオN2歳の時もゲートの中でうるさくて悪い態勢のままゲートが開いてしまったからね。まともならヴィクトワールピサに勝ててたはず」とのことで、かなり強気。

皐月賞で連対した馬は若葉Sで負けた馬が多く、若葉Sで勝てなかった同馬にとっては良いデータ。
ノーリーズンは同レース7着から皐月賞を制しており、シックスセンスは同レース4着から皐月賞では2着。
余力を残しておくことが、皐月賞好走の条件のため、ローテーション的には巻き返しの可能性は十分。



過去10年の傾向から
◎ヴィクトワールピサ(1人気)→1着

連対馬の脚質は、逃げ、先行、差し、追い込みと、全ての脚質から連対馬が出ており、連対数では差し馬がトップも、連対率でいうと、前で競馬をする馬の方が高い。
中心は中団よりも前で競馬ができる馬。

過去10年の連対馬は、関東馬6頭、関西馬14頭。
連対数、連対率共に関西馬が関東馬を圧倒しており、関西馬が中心。

連対馬20頭中19頭が皐月賞のトライアルレースと使っている。
データ的にはスプリングSまたは弥生賞で3着以内に入っている馬が有力。

デビュー2戦目から徹底して2000m戦を使われ、現在4連勝中の同馬。
「これまで不利を受けた初戦以外は完璧なレースでした。ジョッキーが本番を見据えて色々な課題を与える中での4連勝だから価値があります。前回で馬込みから抜け出す課題がクリアできたし、重馬場を経験できたのも大きいです。もう何も心配はありません。」と陣営も自信満々。
角居厩舎特有のG1仕上げ。



穴馬指定
11エイシンフラッシュ(11人気)→3着
「状態面に関しては不安は全くありませんよ。」とのこと。
同じ舞台を勝っている点はプラスで、今の馬場状態も苦にしない点もプラス。
「他馬を見ながら競馬が出来るのが強みですね。現時点で完成度が高いから心配するところははありません。」とかなりの手ごたえ。

京成杯からのローテーションは過去に2頭のみ。これはどちらも結果は出ていない。
熱発で若葉Sを回避せざるを得なかったのは誤算で、ローテーション的には厳しい。
ただ、京成杯でハナ差2着に負かしたアドマイヤテンクウは、次走の弥生賞で返し馬の時点でハミを取っておらず、悪い馬場に嫌気をさして別馬のように走らず11着に惨敗しており、モノサシにはできません。

エイシンフラッシュと互角の競馬をしたアドマイヤテンクウは、昨年暮れのラジオNIKKEI杯でヴィクトワールピサにコンマ2秒差の5着。これはスタートで1馬身出遅れてのもので、まともなら差の無いタイムが予想される。


馬連本線
16−1,13,5指定で2点目1260円的中!

3連単では3着に唯一の穴馬指定として候補に挙げた11エイシンフラッシュが入り、35220円的中となりました。

パドックでの様子を見てからの購入指示とさせていただきました。


皐月賞




■皐月賞は有料メールマガジンでも
有料会員様と同じ皐月賞の全情報を公開しての的中となりました。

メルマガ読者様には、G1レースでは各馬の情報提供のみを行っておりましたが、先週にメルマガ会員様にお伝えしていた通り、皐月賞は買い目を公開しての35220円的中となりました。

コチラから『ウイナーズネット』でメルマガを検索されて下さい。


-------------------------------------------

■桜花賞結果
平日情報の時点では、関西馬の情報馬8オウケンサクラを中心と考えていましたが、レース当日情報より、9アパパネを中心として会員様に情報を公開させていただきました。


『情報注目馬
8オウケンサクラ
9アパパネ

上記2頭が中心の候補となっていましたが、本日の馬場状態、当日情報により9アパパネを中心とします。』と公開し、レースの中心に挙げた情報馬2頭のワンツー決着となりました。


8オウケンサクラ 
次走移行に繋がる情報のため、公開は控えさせていただきます。

9アパパネ 
前走のチューリップ賞では目標にされ、ショウリュウムーンに足元をすくわれる形になってしまった同馬。
「前半は落ち着いた流れになって行きたがる面を見せていましたが、その後はスムーズ。まだちょっと重かったし、トライアルとしては内容は悪くなかったと思います。馬場も悪かったし悲観はしていません」との事。

〜中略〜

栗東へと追い切りに駆けつけた蛯名騎手も
「不利さえなければ勝てる馬。後はスムーズに競馬ができれば。」と強気だった情報を公開しての的中となりました。

■結果
1着 9アパパネ
2着 8オウケンサクラ

馬連8−9 1440円的中

桜花賞


-------------------------------------------
■有料情報のお申し込みはコチラです。
-----------------------------------------------
■有料メールマガジン発行のお知らせ
毎週レース当日配信、不定期で平日情報配信となります。

コチラから『ウイナーズネット』でメルマガを検索されて下さい。

先週の結果



----------------------------
先週は情報馬2頭が今週へスライドしたため、会員様専用情報はパンチが足りない内容となってしまいました。
会員様専用情報で公開している通り、今週の情報馬は2週前から告知していたある1頭となります。

-------------------------------
■日曜日函館9レース

会員様専用情報では
馬連・馬単の買い目指示でしたが、馬単のみ的中となりました。
函館馬単


--------------------------------
コチラのブログで無料公開した日曜日函館2レースは3連単2点で的中となりました。
会員様に買い目の指示はありませんでしたが(情報馬のみ伝達させていただきました)、ブログランキング10位以内に入れましたので、ブログだけで買い目を公開とさせていただきました。

函館3連単


-------------------------------
■小倉12レース(会員様専用情報馬)
3ブルースバローズ
未勝利を卒業してから7戦して、15,10,7,13,13,14、7枠と内目の枠を引けなかった同馬。
「前走は隣の馬が落馬して掛かってしまいましたね。内の枠だったら結果も違っていたと思います。長く脚を使えるタイプじゃないから、内で脚を溜めた方が良さそう。平坦コースで脚を溜めれれば突き抜けまでありますよ。」との事。

■結果4着
4コーナーまでは持ったままの手応えでしたが、最後は失速していました。
今回はコーナーワークがぎこちなく、左回りで再度狙いたい1頭です。

-----------------------------
■新潟9レース(会員様専用情報馬)
7トレジャーバトル
前走は両側から挟まれてしまい、ハミを噛んでしまい力を出し切れなかった同馬。
「コレは単騎で逃げないと力を出せません。降級のここは楽に先手を取れそうですし、押し切れるでしょう」との事。

■結果4着
楽に先手を取れそうなメンバーでしたがマルブツセンターが必要以上に絡み、マルブツセンターが下がった後も次々と来られる厳しい展開となりました。
同馬に絡んだマルブツセンター、マイネカンナは10,11着に惨敗。それでも同馬は4着に粘っており次走に注目です。マイペースなら確勝級。


-----------------------------------------
レース当日情報のレース名のヒントはコチラで公開中です。

-----------------------------------------
■有料情報のお申し込みはコチラです。
---------------------------------
NHKマイル結果
印通りの完全的中!

1着 ◎13ダノンシャンティ(1人気)
2着 特注穴馬1ダイワバーバリアン(5人気)
3着 ○3リルダヴァル(3人気)
4着 ▲4サンライズプリンス(2人気)
5着 △10キョウエイアシュラ(13人気)

単勝 260円的中!
馬連 本線3点指示にて2040円的中!
3連単 17180円的中!

◎13ダノンシャンティ  [安藤勝己・松田国英]
毎日杯はしっかりと折り合い、ケタ違いの末脚で差し切った同馬。
前走の毎日杯では、2着以下の馬とは明らかに次元が違う走りをみせていましたが、「ラストはまだ余裕がありました。ここを勝ってダービーを盛り上げたい」と陣営は既に勝利を見越していました。
安藤勝騎手は「キングカメハメハの時よりも自信があるかも。」と絶対的な自信を持ています。
「これは1番人気かな・・・。まぁ2倍ついたら美味しいでしょうね。このレースが終わったら、他馬との圧倒的な力関係が分かる勝ち方をしてくれると思います」と、かなり強気です。
5月5日 栗東 坂路(良) 安藤勝騎手 53.6-39.3-25.2-12.1 末強めに追う
貫禄たっぷりで、常に併走馬を圧倒する動きを見せている。
追われてからの伸びも素晴らしく、最後まで余裕タップリ。ちょっとモノが違う印象。
(会員様専用情報掲示板・メルマガにて◎は公開させていただきました。)


特注穴馬1ダイワバーバリアン(5人気)
平日情報で告知していた特注穴馬。
NHKマイル唯一の『特注穴馬』として公開させていただきました。


○3リルダヴァル  [福永祐一・池江泰郎]
骨折明けの2戦は、脚元を気遣い、終い重点の調整となっていましたが、この中間は攻めを強化。
「状態は戻っています。やっと仕上げられましたよ。」これまでの仕上がりとは雲泥の差を強調していました。
「東京は合います。パンパンの良馬場が条件ですけど、皐月賞とは全く別馬と考えていいでしょう。」との事。
5月5日 栗東 CW(良) 福永騎手 78.9-63.8-50.2-37.5-11.9 馬なり余力
状態は文句無し。完全復調と見て良い。
右手前ながらも馬なりで相手を突き放し、切れ味は東京向き。
これはかなり良さそう。


◎強力情報馬から本線3点で簡単に取れたレースとなりました。

単勝



馬連



3連単

-------------------------------------------

■有料情報のお申し込みはコチラです。
-------------------------------------------
■皐月賞結果(会員様専用情報内容)

情報注目馬
◎16ヒルノダムール (6人気)→2着
馬券圏外だったのは3走前のラジオNIKKEI杯2歳Sのみで、安定した戦績の同馬。
「この中間は今まで以上に負荷をかけてきたし、体もひと回り大きくなってパワーアップしています。」とのこと。
「この中間は更に良くなっているし、デカイ所を狙えるだけの馬だと思っています。」とのこと。

「前走はこの馬の力じゃないですし、必ず巻き返します。」と強気の陣営。
前走は、4コーナーで何度も接触してしまい、勝ち馬に被せられて狭くなる不利があって2着。
「レースの間隔も開いていたし、普通の馬ならあそこからズルズル下がっているところですよ。ラジオN2歳の時もゲートの中でうるさくて悪い態勢のままゲートが開いてしまったからね。まともならヴィクトワールピサに勝ててたはず」とのことで、かなり強気。

皐月賞で連対した馬は若葉Sで負けた馬が多く、若葉Sで勝てなかった同馬にとっては良いデータ。
ノーリーズンは同レース7着から皐月賞を制しており、シックスセンスは同レース4着から皐月賞では2着。
余力を残しておくことが、皐月賞好走の条件のため、ローテーション的には巻き返しの可能性は十分。



過去10年の傾向から
◎ヴィクトワールピサ(1人気)→1着

連対馬の脚質は、逃げ、先行、差し、追い込みと、全ての脚質から連対馬が出ており、連対数では差し馬がトップも、連対率でいうと、前で競馬をする馬の方が高い。
中心は中団よりも前で競馬ができる馬。

過去10年の連対馬は、関東馬6頭、関西馬14頭。
連対数、連対率共に関西馬が関東馬を圧倒しており、関西馬が中心。

連対馬20頭中19頭が皐月賞のトライアルレースと使っている。
データ的にはスプリングSまたは弥生賞で3着以内に入っている馬が有力。

デビュー2戦目から徹底して2000m戦を使われ、現在4連勝中の同馬。
「これまで不利を受けた初戦以外は完璧なレースでした。ジョッキーが本番を見据えて色々な課題を与える中での4連勝だから価値があります。前回で馬込みから抜け出す課題がクリアできたし、重馬場を経験できたのも大きいです。もう何も心配はありません。」と陣営も自信満々。
角居厩舎特有のG1仕上げ。



穴馬指定
11エイシンフラッシュ(11人気)→3着
「状態面に関しては不安は全くありませんよ。」とのこと。
同じ舞台を勝っている点はプラスで、今の馬場状態も苦にしない点もプラス。
「他馬を見ながら競馬が出来るのが強みですね。現時点で完成度が高いから心配するところははありません。」とかなりの手ごたえ。

京成杯からのローテーションは過去に2頭のみ。これはどちらも結果は出ていない。
熱発で若葉Sを回避せざるを得なかったのは誤算で、ローテーション的には厳しい。
ただ、京成杯でハナ差2着に負かしたアドマイヤテンクウは、次走の弥生賞で返し馬の時点でハミを取っておらず、悪い馬場に嫌気をさして別馬のように走らず11着に惨敗しており、モノサシにはできません。

エイシンフラッシュと互角の競馬をしたアドマイヤテンクウは、昨年暮れのラジオNIKKEI杯でヴィクトワールピサにコンマ2秒差の5着。これはスタートで1馬身出遅れてのもので、まともなら差の無いタイムが予想される。


馬連本線
16−1,13,5指定で2点目1260円的中!

3連単では3着に唯一の穴馬指定として候補に挙げた11エイシンフラッシュが入り、35220円的中となりました。

パドックでの様子を見てからの購入指示とさせていただきました。


皐月賞




■皐月賞は有料メールマガジンでも
有料会員様と同じ皐月賞の全情報を公開しての的中となりました。

メルマガ読者様には、G1レースでは各馬の情報提供のみを行っておりましたが、先週にメルマガ会員様にお伝えしていた通り、皐月賞は買い目を公開しての35220円的中となりました。

コチラから『ウイナーズネット』でメルマガを検索されて下さい。


-------------------------------------------

■桜花賞結果
平日情報の時点では、関西馬の情報馬8オウケンサクラを中心と考えていましたが、レース当日情報より、9アパパネを中心として会員様に情報を公開させていただきました。


『情報注目馬
8オウケンサクラ
9アパパネ

上記2頭が中心の候補となっていましたが、本日の馬場状態、当日情報により9アパパネを中心とします。』と公開し、レースの中心に挙げた情報馬2頭のワンツー決着となりました。


8オウケンサクラ 
次走移行に繋がる情報のため、公開は控えさせていただきます。

9アパパネ 
前走のチューリップ賞では目標にされ、ショウリュウムーンに足元をすくわれる形になってしまった同馬。
「前半は落ち着いた流れになって行きたがる面を見せていましたが、その後はスムーズ。まだちょっと重かったし、トライアルとしては内容は悪くなかったと思います。馬場も悪かったし悲観はしていません」との事。

〜中略〜

栗東へと追い切りに駆けつけた蛯名騎手も
「不利さえなければ勝てる馬。後はスムーズに競馬ができれば。」と強気だった情報を公開しての的中となりました。

■結果
1着 9アパパネ
2着 8オウケンサクラ

馬連8−9 1440円的中

桜花賞


-------------------------------------------
■有料情報のお申し込みはコチラです。
-----------------------------------------------
■有料メールマガジン発行のお知らせ
毎週レース当日配信、不定期で平日情報配信となります。

コチラから『ウイナーズネット』でメルマガを検索されて下さい。

7月25日



----------------------------
■小倉10レース
1マイプリティワン
ここ2戦は10,13着と結果が出ていませんが、忙しい1200、1400mでのもので参考外。
小倉ダート1700mは5戦して4勝で、このコースのスペシャリスト。
6着に敗れた1戦も、勝負どころで密集してしまい動くに動けなかった事が敗因です。
「気分良く行かせると伸びを欠いてしまうから、馬の後ろにつけてタメる競馬をしてもらいます。準オープンを勝った時は、次々と前に入られる厳しい展開でしたけどスムーズならもっと差をつけて勝っていたと思いますよ。」との事。

相手候補は3,4,5,10,13,14
-----------------------------------------
レース当日情報のレース名のヒントはコチラで公開中です。

-----------------------------------------
■有料情報のお申し込みはコチラです。
---------------------------------
NHKマイル結果
印通りの完全的中!

1着 ◎13ダノンシャンティ(1人気)
2着 特注穴馬1ダイワバーバリアン(5人気)
3着 ○3リルダヴァル(3人気)
4着 ▲4サンライズプリンス(2人気)
5着 △10キョウエイアシュラ(13人気)

単勝 260円的中!
馬連 本線3点指示にて2040円的中!
3連単 17180円的中!

◎13ダノンシャンティ  [安藤勝己・松田国英]
毎日杯はしっかりと折り合い、ケタ違いの末脚で差し切った同馬。
前走の毎日杯では、2着以下の馬とは明らかに次元が違う走りをみせていましたが、「ラストはまだ余裕がありました。ここを勝ってダービーを盛り上げたい」と陣営は既に勝利を見越していました。
安藤勝騎手は「キングカメハメハの時よりも自信があるかも。」と絶対的な自信を持ています。
「これは1番人気かな・・・。まぁ2倍ついたら美味しいでしょうね。このレースが終わったら、他馬との圧倒的な力関係が分かる勝ち方をしてくれると思います」と、かなり強気です。
5月5日 栗東 坂路(良) 安藤勝騎手 53.6-39.3-25.2-12.1 末強めに追う
貫禄たっぷりで、常に併走馬を圧倒する動きを見せている。
追われてからの伸びも素晴らしく、最後まで余裕タップリ。ちょっとモノが違う印象。
(会員様専用情報掲示板・メルマガにて◎は公開させていただきました。)


特注穴馬1ダイワバーバリアン(5人気)
平日情報で告知していた特注穴馬。
NHKマイル唯一の『特注穴馬』として公開させていただきました。


○3リルダヴァル  [福永祐一・池江泰郎]
骨折明けの2戦は、脚元を気遣い、終い重点の調整となっていましたが、この中間は攻めを強化。
「状態は戻っています。やっと仕上げられましたよ。」これまでの仕上がりとは雲泥の差を強調していました。
「東京は合います。パンパンの良馬場が条件ですけど、皐月賞とは全く別馬と考えていいでしょう。」との事。
5月5日 栗東 CW(良) 福永騎手 78.9-63.8-50.2-37.5-11.9 馬なり余力
状態は文句無し。完全復調と見て良い。
右手前ながらも馬なりで相手を突き放し、切れ味は東京向き。
これはかなり良さそう。


◎強力情報馬から本線3点で簡単に取れたレースとなりました。

単勝



馬連



3連単

-------------------------------------------

■有料情報のお申し込みはコチラです。
-------------------------------------------
■皐月賞結果(会員様専用情報内容)

情報注目馬
◎16ヒルノダムール (6人気)→2着
馬券圏外だったのは3走前のラジオNIKKEI杯2歳Sのみで、安定した戦績の同馬。
「この中間は今まで以上に負荷をかけてきたし、体もひと回り大きくなってパワーアップしています。」とのこと。
「この中間は更に良くなっているし、デカイ所を狙えるだけの馬だと思っています。」とのこと。

「前走はこの馬の力じゃないですし、必ず巻き返します。」と強気の陣営。
前走は、4コーナーで何度も接触してしまい、勝ち馬に被せられて狭くなる不利があって2着。
「レースの間隔も開いていたし、普通の馬ならあそこからズルズル下がっているところですよ。ラジオN2歳の時もゲートの中でうるさくて悪い態勢のままゲートが開いてしまったからね。まともならヴィクトワールピサに勝ててたはず」とのことで、かなり強気。

皐月賞で連対した馬は若葉Sで負けた馬が多く、若葉Sで勝てなかった同馬にとっては良いデータ。
ノーリーズンは同レース7着から皐月賞を制しており、シックスセンスは同レース4着から皐月賞では2着。
余力を残しておくことが、皐月賞好走の条件のため、ローテーション的には巻き返しの可能性は十分。



過去10年の傾向から
◎ヴィクトワールピサ(1人気)→1着

連対馬の脚質は、逃げ、先行、差し、追い込みと、全ての脚質から連対馬が出ており、連対数では差し馬がトップも、連対率でいうと、前で競馬をする馬の方が高い。
中心は中団よりも前で競馬ができる馬。

過去10年の連対馬は、関東馬6頭、関西馬14頭。
連対数、連対率共に関西馬が関東馬を圧倒しており、関西馬が中心。

連対馬20頭中19頭が皐月賞のトライアルレースと使っている。
データ的にはスプリングSまたは弥生賞で3着以内に入っている馬が有力。

デビュー2戦目から徹底して2000m戦を使われ、現在4連勝中の同馬。
「これまで不利を受けた初戦以外は完璧なレースでした。ジョッキーが本番を見据えて色々な課題を与える中での4連勝だから価値があります。前回で馬込みから抜け出す課題がクリアできたし、重馬場を経験できたのも大きいです。もう何も心配はありません。」と陣営も自信満々。
角居厩舎特有のG1仕上げ。



穴馬指定
11エイシンフラッシュ(11人気)→3着
「状態面に関しては不安は全くありませんよ。」とのこと。
同じ舞台を勝っている点はプラスで、今の馬場状態も苦にしない点もプラス。
「他馬を見ながら競馬が出来るのが強みですね。現時点で完成度が高いから心配するところははありません。」とかなりの手ごたえ。

京成杯からのローテーションは過去に2頭のみ。これはどちらも結果は出ていない。
熱発で若葉Sを回避せざるを得なかったのは誤算で、ローテーション的には厳しい。
ただ、京成杯でハナ差2着に負かしたアドマイヤテンクウは、次走の弥生賞で返し馬の時点でハミを取っておらず、悪い馬場に嫌気をさして別馬のように走らず11着に惨敗しており、モノサシにはできません。

エイシンフラッシュと互角の競馬をしたアドマイヤテンクウは、昨年暮れのラジオNIKKEI杯でヴィクトワールピサにコンマ2秒差の5着。これはスタートで1馬身出遅れてのもので、まともなら差の無いタイムが予想される。


馬連本線
16−1,13,5指定で2点目1260円的中!

3連単では3着に唯一の穴馬指定として候補に挙げた11エイシンフラッシュが入り、35220円的中となりました。

パドックでの様子を見てからの購入指示とさせていただきました。


皐月賞




■皐月賞は有料メールマガジンでも
有料会員様と同じ皐月賞の全情報を公開しての的中となりました。

メルマガ読者様には、G1レースでは各馬の情報提供のみを行っておりましたが、先週にメルマガ会員様にお伝えしていた通り、皐月賞は買い目を公開しての35220円的中となりました。

コチラから『ウイナーズネット』でメルマガを検索されて下さい。


-------------------------------------------

■桜花賞結果
平日情報の時点では、関西馬の情報馬8オウケンサクラを中心と考えていましたが、レース当日情報より、9アパパネを中心として会員様に情報を公開させていただきました。


『情報注目馬
8オウケンサクラ
9アパパネ

上記2頭が中心の候補となっていましたが、本日の馬場状態、当日情報により9アパパネを中心とします。』と公開し、レースの中心に挙げた情報馬2頭のワンツー決着となりました。


8オウケンサクラ 
次走移行に繋がる情報のため、公開は控えさせていただきます。

9アパパネ 
前走のチューリップ賞では目標にされ、ショウリュウムーンに足元をすくわれる形になってしまった同馬。
「前半は落ち着いた流れになって行きたがる面を見せていましたが、その後はスムーズ。まだちょっと重かったし、トライアルとしては内容は悪くなかったと思います。馬場も悪かったし悲観はしていません」との事。

〜中略〜

栗東へと追い切りに駆けつけた蛯名騎手も
「不利さえなければ勝てる馬。後はスムーズに競馬ができれば。」と強気だった情報を公開しての的中となりました。

■結果
1着 9アパパネ
2着 8オウケンサクラ

馬連8−9 1440円的中

桜花賞


-------------------------------------------
■有料情報のお申し込みはコチラです。
-----------------------------------------------
■有料メールマガジン発行のお知らせ
毎週レース当日配信、不定期で平日情報配信となります。

コチラから『ウイナーズネット』でメルマガを検索されて下さい。

★レース当日情報

午前情報
11:00までに公開

メインレース以降の情報
15:00までに公開

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ